武藤吐夢 BLOG

読んだ本感想を書いています。 毎月、おすすめ本もピックアップしています。

駄本、読む必要なし
読み価値ありは、金を出す価値あり
おすすめ本は、ぜひ、読んで欲しい
そういう意味です。


読んだ本の数:10
読んだページ数:3862


夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)の感想
1970年というと今から50年前なのだが、ここに描かれている世界は、そんなに古くは感じない。30年後の2000年までタイムリークするのである。この未来は、ロボットが活躍する世界で、この元になったのは、主人公の技術者の技術だった。そのすべてを、彼は元婚約者と親友に奪い取られてしまう。再度、1970年に戻り人生を再修正する。そういう物語なのです。2000年は、約20年前の過去であるのだが、風邪が撲滅しているとか、すごいことになっている。
読了日:04月03日 著者:ロバート・A. ハインライン

帰去来帰去来の感想
殺されかけた女刑事が、パラレルワールドで警視に出世している。会社員だった元彼が部下だったり、父親が別人だったり、今までの世界とは違う。戦後なのだ。闇市だってある。前の世界と、飛んできた世界に共通する犯人。後半は、出生の秘密。複雑な人間関係が、怒濤のような凄まじい展開で明らかになっていく。アクションあり、謎解きあり、描かれている人物は濃厚。読みごたえのあるsfだった。
読了日:04月06日 著者:大沢 在昌

黄泉がえり again (新潮文庫)黄泉がえり again (新潮文庫)の感想
あの名作「黄泉がえり」から17年後が描かれている。熊本地震の後の世界が舞台だ。蘇える人は、切実に、その人を大切だという熱い思いにこたえるのだと思う。だから、前作でも今作でも、蘇えった人たちは生命を投げ出して愛する者たちを救おうとする。その熱い思いは、作者の熊本復興の思いと重なり合い、とても読後感が良いのだ。今回、熊本城を建設した加藤清正、恐竜なども復活し、エンタメ小説としても楽しめる内容となっている。
読了日:04月10日 著者:梶尾 真治

山海記山海記の感想
<読了>#山海記 #佐伯一麦 少し辛い読書時間になってしまった。 奈良の十津川村の水害の跡を訪ねるバス旅 そこに、東北震災の悲しい記憶を重ね合わせ さらに、地誌のような歴史やそういうのを入っていく 肩が凝る話しだった。 読む本の選択を間違えたかな。
読了日:04月11日 著者:佐伯 一麦

伏 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)伏 贋作・里見八犬伝 (文春文庫)の感想
犬人間というものが、江戸の街にいたそうな。それを狙う賞金稼ぎの猟師の女の子浜路という十四の少女が主人公。軽い兄思いのアクティブな女の子です。だからなのか、少し物語も軽く飛んでいきそうなのです。里見八犬伝の贋作である贋作里見八犬伝という物語が、この浜路の物語の中に、二重構造のように入り込んでいるのが、この物語の見どころ。本家の里見八犬伝よりも、こちらの方が現代人には好感を持って受け入れられるのではないでしょうか。楽しめました。合格です。
読了日:04月14日 著者:桜庭 一樹

([か]12-2)想いであずかり処 にじや質店 (ポプラ文庫 か)想いであずかり処 にじや質店 (ポプラ文庫 か)の感想
満月にだけ開業するという<にじや質店> そこでは、願い事を叶えてくれる。 その代わり、大切な何かを利息として渡さなければならない。 たいていは、それは渡していいものなのだ。 こういう ドラえもんのポケットみたいな不思議な店が、実際にあると、たぶん、たくさんの人が幸せになるんだろうなと思う。 どれも優しくていい短編ばかりだった。
読了日:04月16日 著者:片島 麦子

和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)の感想
デパ地下の和菓子屋でバイトをする、少しぽっちゃり系だけど、かわいい女子が主人公です。読んでいるうちに、むしょうにデパ地下の和菓子コーナーに行きたくなる。和菓子を買いたくなる。そういう作品でした。主人公の成長物語というのが基本で、そこにミステリー要素も加わって、とても面白い感じになっております。店員のキャラが濃いのが良いですね。とても魅力的です。和菓子好きにおすすめの作品であります。
読了日:04月19日 著者:坂木 司

ヒア・カムズ・ザ・サン (講談社文庫)ヒア・カムズ・ザ・サン (講談社文庫)の感想
芝居にもなっているらしい。同じ設定で、2つの話し。読後感は、まったく違った。パラレル世界の方が、こっちが芝居の方らしいが、しっくりきた。もう1つの方は、よく作り込んでいたが、ミステリーみたいな気がした。感情の琴線に触れてくるのは、パラレルの方だ。  モノに触れると、そこから、そのモノから発する感情が伝わってくるという話しなのですが、それがパラレルの方は効いていた。もう1つの方は、あまり作用してなかった気がする。実験的な作風だが、SF好きなら楽しめると思います。
読了日:04月21日 著者:有川 浩

キノの旅〈11〉the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅〈11〉the Beautiful World (電撃文庫)の感想
不思議な国を旅する話しです。短編集。今回は、「アジン(略)の国」「道の話」「戦う人達の話」が面白かった。 まるで、落語の寿限無のような長い名前の国。ラストには、その国の名前がわかり、その国が、どのような歴史を抱えているのかがわかるのでした。「道の話」は、何代にもわたって道を作っている集団の話し。その意図は、かなり暗黒。「戦う人達の話」は、アクション系で、良く出来ている。
読了日:04月24日 著者:時雨沢 恵一

夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)の感想
24時間歩く、そういう歩行祭という高校の行事の話しだ。 これは名作だった。優れた青春小説だった。歩くという行為の中に、話すという行為が含まれていて、その中に内省する。考えるという行為も含まれていて、気づくと主人公の一人である高校生に自分が感情移入していた。あまりにも単純で、なのに、そこに色んな思いがあって、高校生の複雑な心の内が表現されていた。いい作品です。
読了日:04月30日 著者:恩田 陸



2019年 4月 おすすめ本

・夜のピクニック 恩田陸

・夏への扉 ロバート・A. ハインライン


【中古】 夏への扉 講談社ルビー・ブックス20/ロバート・A.ハインライン(著者) 【中古】afb
【中古】 夏への扉 講談社ルビー・ブックス20/ロバート・A.ハインライン(著者) 【中古】afb 

【中古】afb_【単品】_夜のピクニック_(新潮文庫)
【中古】afb_【単品】_夜のピクニック_(新潮文庫)


みんなで夜に歩く。
それが、いつしか特別なことになり、ありえない奇跡を引き寄せるのだった。


IMG_0023




恩田陸は苦手だ
少しもおもしろくない
僕との相性は最悪だった
何で、ベストセラー作家なんか、よくわかんない

なのに、平成最後の本に
苦手というか、天敵の恩田陸を選んだ

夜のピクニック
タイトルが、ひっかかる

歩行祭
朝の8時に学校を出発し
翌日の朝の8時に戻ってくる
24時間(仮眠、休憩あり)
とにかく、歩きまくる
軍事教練の一つであろうか?
モンスターペアレントの攻撃材料になりそう
やばい
24時間歩きますかって
子供の頃見たリゲインのCMのようだ
ビジネスマーン、ビジネスマーン、ジャパニーズビジネスマーン。
時代に逆向しとる
今は、働き方改革の時代だぞ
コンプライアンス的に問題ありそう
教師の労働基準にも抵触しそう
というか、生徒が暴動起こしそう
歩け、歩け、歩け 
24時間歩くのだ!

何のために、こんなスパルタ行事をする?

それは楽しいからだ
みんな、この行事が好きだからだ
だから、やってる


いきなり、結論を言います
これは名作です
たぶん、令和の時代になっても
その次の時代になっても
人々を興奮させ、感動させる
そう、読むしかない作品です
すごかった
気がつくと、つんのめり、夢中となり
ページをめくっていた
自分が、知らぬ間に西脇融になっていた
甲田貴子を愛おしいと思うようになっていた
妹としてだよ
兄妹だからね

日常生活というのは、1つの物事を深く思考するのに適さない環境だと僕は思う

毎日のタイムスケジュールがあって
分刻みの忙しさ
家でも、食事、風呂、読書、Twitterの確認
いつも何かしていて、忙しくて、何かを真剣に考える
そういう環境ではない
昼飯は30分
それ以上かかると、次の予定が侵食される
たから、歩くのも早歩き
時間、時間、時間、時間・・・

むしろ、長時間連続して思考し続ける機会を阻害しているようにすら思える
意識的な排除だともいえる
何かに疑問を感じないようにしている
疑問を感じた瞬間、前に進めなくなるからだ
それがわかっているから、そうしている
わざと忙しくしている
深く物事を考えないために
それが大半の大人であると、僕は思っている

P73
・・・朝から丸一日・・・歩き続ける限り思考が一本の川となって、自分の中をさらさらと流れていく。旅行に出た時と同じ感じに・・・

いつもは、話さないようなことを
疲れた頭で答えることによって
隠していた本音が出たり、秘密が暴露されたり
日常とは違う、非日常の時の流れがそこには成立している

歩行祭を通過した印象は・・・
P97
過ぎてしまえば、みんなで騒いで楽しくて歩いていたこと、お喋りしていたことしか思い出さないのに、それは全体のほんの一部で、残りの大部分は、仏頂面で、足の痛みを考えないようにして、ひたすら前に進んでいたことをすっかり、忘れてしまっているのだ。

これって、まるで、僕たちの人生そのものではないか?
今、平成が終わろうとしているのだが
頭にあるのは、その大半を占める苦しかった受験勉強のことではなく、労働のことでもない
イベントごとのインパクトのある出来事ばかり
つまり、歩行祭は人生の縮図なのである

P414
「みんなで夜歩く。ただ、それだけのことが、どうして、こんなに特別なんだろう」

それは1200人のみんなが同じことを体験した
苦しみや楽しみや感動を共有したからであり
やりきったからだと思う

普通、24時間も歩いたりはしない
1時間であっても拒否するでしょう
それを全校生でやっていることが良い
意図はわかんないが
そのやり遂げた達成感なら想像できる
その疲れは、たぶん、すごく心地よいものだと思う

これは、西脇融と甲田貴子という異母兄弟のうち溶け合う話しなんだけど
この歩行祭という
設定がなければ、これほどに爽やかには描けなかったと思うんだ

今は、ちょっとしたことで、PTAが騒いだり
教師の労働時間がとややこしいが
こういう過酷な体験を共有することによって
得られる特殊な体験というのもあり
それは、たぶん、修学旅行よりも、もっと、得難い何か宝物のようなモノなのであって
部活を全力でやりきったとか、学祭で頑張ったとかと同じ
そこに自己の存在意義を刻み込むような
そのことによって、一気に成長するような
そういう出来事なのだと思う
それが歩行祭であり
この24時間なのである
読者は、それを主人公二人のフィルターを通して追体験できるというのが
この本の魅力なのです
良い本なのですよ
おもしろいです

ページ数 455
読書時間 約10時間
読了日 2018年 4/30 (平成最後の日)


【中古】夜のピクニック / 恩田陸
【中古】夜のピクニック / 恩田陸

今回もシュールな短編の数々。
ラストのどんでん返しが秀逸


IMG_0020


ネタバレ注意

不思議な国を旅するお話しです
短編集。
今回は、「アジン(略)の国」「道の話」「戦う人達の話」が面白かった

「アジン(略)の国」は、寿限無のように長い名前の国
子供が、国名をすべて暗唱しているのです
何で?
という疑問を抱えながら出国する
貧しいながら、いい国でした
その国を襲撃しようとしている男に出合う
昔、その国は1500人の人口がいた
1000人しか、賄えないのに
豊漁が続き、そうなったのだった
だが、漁獲量は元に戻る
水も足らない
強引に、500人をカット
つまり、他人に殺させた
その時の殺人を依頼された人間に救われた少年が男だった
その男は、復讐の為に戻ってきた
しかし、キノに国名を見てから、やるかやらないか決めては?
と提案された
彼は、復讐をしなかった
ただし、国名が微妙に変化した
その長い国名は、その粛正の時に犠牲になった人の名前だった
彼が生きていたことにより、その国名から彼の名前が消えたのでした。
その虐殺を永遠に忘れないため
その犠牲者の名前を国名としているのだ

「道の話」は、突然、キレイな道が現れた
国まで続いている
そこで歓待されている道つくりの集団にあう
彼らは、皆の為に何代にもわたって、色んなところに分かれて
この作業を行っているのだった
何故、こんなことをやるの?
とキノが聞く
この答えが、あまりにもダークすぎて
びっくりした
路は、他所の国との交流の懸け橋となり
国が発展し、科学技術が進歩する
そうすると、人類が滅亡するのが早まる
文明が進歩すればするほど
人類の絶滅が早まる
だから、道を整備するという
何ともダークな集団だったのだ


「戦う人達の話」は、アクションとしても、ミステリーとしても
人間物語としても、よく出来ていて
とても完成度が高く
ラストまで、その帰結がまったく想像もつかなかった
独立させて映画にしても面白いかもしれない

ページ数 257
読書時間 5時間
読了日 4/24

このページのトップヘ